図書館で読書を楽しむ方法

図書館でおトクに読書
インターネットでも色々な探しものはできますが、今あえてオススメしたいのは図書館を使うことです。ともすれば忘れられがちな存在ですが、せっかく無料なのですから、改めて見直して欲しいと思います。
じっさい図書館を設置している自治体も、図書館をもっと利用してもらうため、様々なサービスに力を入れています。その中には運営を民間企業に委託することで、自由な発想を実現したところもあるのです。例えば、開館時間を長くしたり土日も開けたりしたところは、帰りが遅いビジネスマンでも本を借りやすくなりました。
また、読書しながら飲食ができるカフェ形式など、いわゆるお役所仕事では考えられなかったような、楽しい図書館もできています。更にネットワーク化が進んでいる地域では、本のお取り置きや、他の図書館からの取り寄せをインターネットで申し込みでき、届いたらお知らせメールが来るという具合で、実に便利になりました。
そして最も大事なのは、図書館にある本は、インターネットに転がっている有象無象の情報と違って、誰が書いたか、いつ書かれたかという出処が確実に分かっているということです。Wikipediaや何とか知恵袋より、ずっと信頼性が高い。司書さんたちも推薦し、公的予算で買うことを承認された情報たち。図書館の読書で、ぜひ味わってください。